Car Info Studio

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Car Info Studio

車の情報が集まるメディア

三菱の新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」が遂に発表。三菱自動車過去最高の呼び声も

スポンサーリンク

f:id:chousiteki:20170301192324j:plain

三菱の新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」が遂に発表

三菱自動車は3月7日に開催されるジュネーブショー2017で新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を発表予定だ。2015年ジュネーブショーで公開された「MITSUBISHI Concept XR-PHEV II」を基に作られた市販車で、デザインそのままに市販までこぎつけた三菱自動車の意欲作である。

三菱「エクリプス クロス」は秋から欧州で出荷を開始する予定で、日本やその他の国々でも順次導入される。

 

三菱エクリプス クロスの磨き抜かれたエクステリア

f:id:chousiteki:20170301192300j:plain

f:id:chousiteki:20170301202355j:plain

f:id:chousiteki:20170301192344j:plain

コンセプトの「MITSUBISHI Concept XR-PHEV II」ではそれまでの三菱自動車とは一線を画すダイナミックでパワフルなデザインが披露され驚きがありました。

「エクリプス クロス」はそのコンセプトをほとんどそのままの形で実車化。クーペのようなルーフラインでコンパクトSUVのトレンドを踏襲した。他社の車に対してエクステリアの面でも負けず劣らずな車に仕上がりました。

リアが特徴的でどういう後方視界になっているのか気になるところ。

 

インテリアは良くも悪くも三菱自動車クオリティ

f:id:chousiteki:20170301193120j:plain

f:id:chousiteki:20170301193141j:plain

f:id:chousiteki:20170301201011j:plain

内装は安心の三菱自動車クオリティ。華やかさはないが抑えるべきところは抑えてある。ヘッドアップディスプレイなど最新の安全装備が搭載されていることが確認できる。「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応し、コネクティビティーを充実。次世代車にふさわしい装備を用意した。

 

エンジンは1.5L直噴ガソリンターボと2.2Lクリーンディーゼルを用意

f:id:chousiteki:20170301194032j:plain

エンジンは2.2Lクリーンディーゼルターボと新開発の1.5L直噴ガソリンターボが用意されている。2.2Lディーゼルターボには新開発の8速ATが組合わせられるとのこと。

 2.2Lディーゼルはディーゼル特有のカラカラ音の心配もあるが「エクリプス クロス」はボディの遮音を徹底。従来の三菱自動車の車種と比べて遮音性能を大幅に向上させた。

 

三菱の新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の発売が待ち遠しい

f:id:chousiteki:20170301202226j:plain

価格面はもちろんのことまだまだ明かされている情報は少なく続報を待ちたい。

三菱自動車の信頼回復に一役買う車種になれるのか、注目していきたい。

ボディサイズ・全長4405×全幅1805×全高1685mm

 

写真出典:http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2017/gms2017/eclipse_cross/

スポンサーリンク